タグ:ビアスタイル

【ドイツビールの世界】エクスポート(ビアスタイル紹介)

ドイツエクスポートビア特徴 Export(エクスポート)または Exportbier (エクスポートビア)と呼ばれる。下面発酵 ラガービールのVollbier (フォルビア: 麦汁エキス濃度11-14 %のビールの分類)アルコール度が 5%-6%と高い麦汁エキス濃度: 12 – 14%ホップの苦みが適度にきいているが、ピルスよりも軽い色はストロー からゴールドが一般的 エクスポートの歴 […]

【ドイツビールの世界】ラオホビア(スモークビール)の起源とバンベルク

バンベルク名物のラオホビアの秘密 ラオホビールって何? ドイツバイエルン州北部、オーバーフランケンにあるバンベルク名物のRauchbier (ラオホビア)日本語でいうとスモークビール燻製ビールのことです。“ラオホ”はドイツ発祥の燻した麦芽を使って醸造された、スモーク香のついた独特な味を持つビアスタイルです。 バンベルクに初めて訪れて移住して早3年、今では急にラオホビアが飲み […]

【ドイツビールの世界】ボックビール~リッチな味わいのハイアルコールビール

ドイツ発祥!ボックビールて何? 南ドイツバイエルン地方でほとんどが醸造されている伝統的なビアスタイル『ボックビール』。毎年11月から5月の間に飲まれます。このビールの特徴は、 モルトの香りが豊かで甘く、味の特徴としてトースト香やレーズンなどを感じるような 贅沢なビール。ちなみに栄養価も高いです。多くの場合泡はクリーミー。苦いビールは苦手、リッチでコクがあるビールがすきという人におすすめです。ただし […]