【ドイツスペシャルビール】Grünhopfen Bier 期間限定とれたてホップビール

【ドイツスペシャルビール】Grünhopfen Bier 期間限定とれたてホップビール

ビール醸造そしてホップ栽培の盛んなドイツ。
だからこそ期間限定で飲めるスペシャルなビール『Grünhopfen Bier』
を紹介します。

ホップかおる限定ビール

“Grünhopfen Bier (グリューンホプフェン ビア)” 英語にすると”Greenhop Beer”
年に一度だけ、ホップの収穫シーズンに”とれたて生のままのホップ”を使って醸造したビールのことです。 

ビール醸造にとって欠かせないホップは、ビールに苦みや香りをつけ、泡立ちをよくするだけでなく、殺菌作用でビールの賞味期限を長くします。
一般的には、乾燥させたものや、乾燥後ペレット状に固めたホップを使用します
が、この『グリューンホプフェン ビア』はホップ収穫時期にとれたてのホップを農家さんから直送。この時のホップの水分量は80%ほどだといわれています。
収穫からできるだけ早く、醸造するのが理想だそう。

このビールはとにかくホップのアロマが好きという方にお勧めです。
ちなみに、この『Grünhopfen Bier』はビアスタイルの一つではありません。
ピルスナーやペールエール、IPAなどホップのアロマが前に来るビールをこのフレッシュなホップで醸造します。

生のホップだからこそ、ホップのアロマが目立ち、ホップの種類によりますが、レモンやメロン、また草のような緑のテイストです。
そして苦みも感じるのでバランスの取れた味わい。

グリューンホップ ビア はバイエルンにある、中から小規模の職人のハンドワークのある醸造所で造られます。

毎年10月末から11月にかけて発売されます。
今年は、
Schlossbrauerei Hohenthan
Privatlandbrauerei Schönram
のGrünhopfen Bierをいただきました。