ビール文化と芸術を肌で感じる”最古のヴァイスビール醸造所”【ビールぶらり旅】

ビール文化と芸術を肌で感じる”最古のヴァイスビール醸造所”【ビールぶらり旅】

年明け早々2018年一発目は芸術とビール伝統のコラボレーション!!

Kuchlbauer1

Brauerei zum Kuchlbauer (ブラウアライ ツム クッフルバウアー)

今回紹介する醸造所はバイエルン州Abensberg(アーベンスベルク)にある
Brauerei zum Kuchlbauerbrauer(クッフルバウアー醸造所)ヴァイスビールの醸造所です。

ここは醸造所見学ツアーもあり、日本からいらしたドイツビール大好きな
お客様と行きました。

Kuchlbauer5

クッフルバウアー醸造所の歴史

 

Kuchlbauer2

Kuchlbauerは、
1300年にはすでに、アーベンスベルクの伯爵から醸造権(Brauereirechte)
を与えられていました。
そのため、世界で最も古い醸造所のうちの一つと言われています。
現在のオーナーのSalleckさんのおじいさんの代、1904年からSalleck家が
経営しています。

このクッフルバウアー醸造所のあるアーベンスベルクは、
Hallertau(ハラータウ)というホップの生産がとても盛んな地域のいわゆる
入り口にあたります。
(それを聞いただけでもドキドキします!!)

Hopfen

そしてここのスペシャルなところは、オーストリアを誇る建築家、
Hundertwasser(フンダートヴァッサー)とのコラボです。
ビール好きだけでなく、芸術、建築に興味がある方も楽しめます!!

クッフルバウアービール

 

ここのビールは、自家の井戸水とHallertauのホップ使ってビールを醸造
しています。またヴァイスビールは瓶内発酵。

ビール醸造所ツアー入り口のお土産売り場の手前には、Brauwasser
(ブラウヴァッサー)と呼ばれる醸造に使う水の試飲ができるコーナが
あります。
これ私のお気に入り!!冷たく冷やされた炭酸のお水で、ここからビール
ができるのかとゴクゴク飲んでしまいます!特に暑い夏に最高です!
クッフルバウアービールグッツだけでなく、フンダートヴァッサーグッツも
お買い求めできます。こちらでは6種のヴァイスビールが楽しめますよ!

フンダートヴァッサーにお願い!! 街一番のタワーを作るんだ

Abensberg_Hundertwasser_1

現在の醸造所オーナーが、今は亡きオーストリアの建築家フンダートヴァッサー
にタワーを作って欲しいと直々お願いしました。
構想はフンダートヴァッサーによるものですが、プロジェクトなかば2000年に他界。
同僚の建築家ピーター・ペリカンが代わりに指揮をとることになり、2010年に完成。
タワーの上の金色の玉ねぎがフンダートヴァッサー感たっぷりですね。

フンダートヴァッサーは、70mとこの街で一番高い塔を作ろうとしましたが
許可がおりず。。。結局は、約34メートルの塔となりました。
しかし、とても小さい町なので、34メートルあるだけでもタワーの存在感はすごいです!
醸造所見学ツアーに参加すると中に入ることができますよ!

タワーの地下には、見学ツアー最後に訪れる、最大級のヴァイスビールグラスコレクション
があります。デザインやマークを見るのがとても楽しい

夢とおとぎと文化の世界!

醸造所見学の際に、ビールだけでなくフンダートヴァッサーの世界も楽しめるんです!
遊びごごろいっぱい、伝統と文化の詰まった醸造所です!夏場のビアガーデンも賑わって
いますよ

Abensberg_Hundertwasser_5

ここの醸造所は、個人的にとても好きで何度も足を運んでいます。
今回はビール好きなお客様と一緒に、一日ドイツビールの話で盛り上がり
とても素敵な思い出となりました。