タグ:特徴

【ドイツビールの世界】エクスポート(ビアスタイル紹介)

ドイツエクスポートビア特徴 Export(エクスポート)または Exportbier (エクスポートビア)と呼ばれる。下面発酵 ラガービールのVollbier (フォルビア: 麦汁エキス濃度11-14 %のビールの分類)アルコール度が 5%-6%と高い麦汁エキス濃度: 12 – 14%ホップの苦みが適度にきいているが、ピルスよりも軽い色はストロー からゴールドが一般的 エクスポートの歴 […]

【ドイツビールの世界】ラオホビア(スモークビール)の起源とバンベルク

バンベルク名物のラオホビアの秘密 ラオホビールって何? ドイツバイエルン州北部、オーバーフランケンにあるバンベルク名物のRauchbier (ラオホビア)日本語でいうとスモークビール燻製ビールのことです。“ラオホ”はドイツ発祥の燻した麦芽を使って醸造された、スモーク香のついた独特な味を持つビアスタイルです。 バンベルクに初めて訪れて移住して早3年、今では急にラオホビアが飲み […]

【ドイツビールの種類】南ドイツで愛されるへレスについて

ミュンヘンの定番へレスについて紹介します 淡い金色の魅力・Helles ミュンヘンのレーベンブロイやプライベート醸造所アウグスティーナ などの定番ビールHelles(へレス)またはHell(ヘル)。 ホップの苦味がキリッと聞いたピルスに対して 南ドイツやバーデンビュルテンベルク州で愛されるへレスはホップが控えめで少し甘め バイエルン州よく飲まれていて、ミュンヘンでビール=へレスといったイメージがあ […]

【ミュンヘン名物】ヴァイスヴルストの世界!起源と特徴

ミュンヘン発祥・バイエルン名物のヴァスヴルスト魅惑の世界へようこそ ドイツといえばのソーセージとビール!     ドイツ各地で定番の焼きソーセージ! 香ばしい匂いと食感がたまりません。ビールに並ぶくらい知られたドイツの定番 ですね。 そんな中、バイエルン地方で愛されるちょっと変わったソーセージがあるのをご 存知ですか? ヴァイスヴルスト(白ソーセジ)と言って、熱いお湯の入ったボ […]

【人気】ドイツのクラフトビール事情を知りたい!

ドイツでも流行っています【クラフトビール】 ドイツビール界の救世主? ドイツにある醸造所1400のうち約半分は、年間1000ヘクトリットル(100kl)以下 を醸造するの規模の小さいマイクロ・ブリュワリーと言われる醸造所です。 ビールの消費量は年々下がっている中、実は醸造所の数は増加傾向にあるのを 知っていましたか? 10年前までは1281軒だった醸造所の数は、現在では1400軒にまで増えたと 言 […]