オクトーバーフェストビール6種を紹介【ドイツ現地リポート】

オクトーバーフェストビール6種を紹介【ドイツ現地リポート】

楽しみだった今年のオクトーバーフェストは中止だけど…各醸造のフェスト用ビールを紹介します。

第187回オクトーバーフェストコロナの影響で中止

Oktoberfesttipp10

2020年9月19日から10月4日まで開催予定だった今年のオクトーバーフェストはコロナ感染症の影響で4月21日に中止が発表されました。
毎年世界各国から約600万人の来場者があるイベント、ビール醸造所や飲食関係ミュンヘン市にも大打撃・・・・。

オクトーバーフェスト自体は開催できないけれど、毎年恒例オクトーバーフェスト時期にだけ飲む『オクトーバーフェストビア』は出店予定だった醸造所が造り、直営や市内のレストランで提供されたり、ボトルや缶などでも販売されています。

他にも、ミュンヘン市内でビール提供の醸造所や飲食店や酒場など計54か所でオクトーバーフェストの雰囲気が楽しめるようになっています。
イベントは中止になってしまったけど気分だけでも盛り上がりたいですね。

オクトーバーフェストビール

Oktoberfestbier
Oktoberfestbier

もともとオクトーバーフェストではMärzen(メルツェン)ビールが飲まれていた。
メルツェンの由来ですが、19世紀半ばに冷蔵設備が開発されるまで、バイエルン州では夏の間(4月から9月まで)の醸造は禁止されていました。
醸造禁止になる前の3月(独語:  März メルツ)に造ることのできる最後のビーでした。
3月に醸造されたビール、メルツビールと呼ばれています。
3月に醸造し9月まで涼しい地下で保存させます。
長く貯蔵しビールをもたせるため高アルコールである必要がありました。
そのため麦汁濃度も高く味わいのあるビールになります。伝統的なメルツェンは色は濃くモルト香が強いのが特徴です。

200年近い歴史のあるオクトーバーフェスト開催の当初は伝統的なメルツェンが飲まれていましたが、Spaten (シュパーテン)によって淡色モルトを使ったメルツェンが造られ1871年初めて ” オクトーバーフェストビール” として販売されるようになりました。
今ではハッカープショーだけが伝統スタイルのメルツェンを提供しています。
そのためハッカープショーのビールだけ Oktoberfest Märzenと名前が付けられています。
”オクトーバーフェストビール”は麦汁エキス濃度 13.5%から13.99%とされています。各醸造所でアルコール度数が違いますが、会場で飲むビールはアルコール度6%前後なので飲みすぎには注意しなければいけません。

オクトーバーフェストビール6種!!

オクトーバーフェストではミュンヘンで醸造されたビールのみしかお客さんに提供することはできません。
現在1リットルのマスジョッキで販売が許可されているのが以下伝統ある6醸造所です。

Brewery醸造所 麦汁エキス濃度 アルコール度数
Augustiner アウグスティーナ 6%
Hacker Pschorr ハッカープショー 13,7%5,8%
Hofbräu ホーフブロイ 13,7%6,3%
Löwenbräu レーヴェンブロイ 13,7%6,1%
Paulaner パウラナー 13% 6%
Spaten シュパーテン 5,9%

オクトーバーフェスト定番ドイツ乾杯の歌 アイン  プローズィット 動画

家のみやオンライン飲み会で盛り上がること間違いなし。
ドイツ乾杯の歌 アイン プローズィットを歌ってみましょう。

過去のこちらの投稿にカタカナ読みのついた歌詞の説明があります。
アイン プローズィット 歌詞