【ドイツビールの種類】南ドイツで愛されるへレスについて

【ドイツビールの種類】南ドイツで愛されるへレスについて

ミュンヘンの定番へレスについて紹介します

淡い金色の魅力・Helles

Helles Augustiner

ミュンヘンのレーベンブロイやプライベート醸造所アウグスティーナ
などの定番ビールHelles(へレス)またはHell(ヘル)。

ホップの苦味がキリッと聞いたピルスに対して
南ドイツやバーデンビュルテンベルク州で愛されるへレスはホップが控えめで少し甘め
バイエルン州よく飲まれていて、ミュンヘンでビール=へレスといったイメージがあるかもしれないです。
ピルスは北ドイツでよく飲まれています。
それもそのはず、ヘレスはミュンヘンのシュパーテンが生んだビールなのです。
ヘレス誕生125周年の記事はこちら

へレスの特徴を知ろう

Hellesへレスはドイツ語の淡いのhellから来ています。
名の通り色は淡い黄・金色
アルコール度数は4.6から5.6%

下面発酵で基本的には濾過されています。
(レアですが濾過されていないへレスもあり美味しいです)

Hallertau_Hell_trüb
ドイツホップの産地ハラタウの無濾過へレス
わかりづらいですが濁っています。

モルトの風味と甘みがしっかりと味わえるタイプで苦味が少なく,個人的な感想ですが、女性にも飲みやすいと思います。

またグビグビいけるので夏にオススメのビールかと思います。

Oktoberfesttipp1

レストランではグラスやジョッキ、ビアガーデンやホーフブロイハウスなど
一部のビアホールでは1リットルのマスと呼ばれる大きなジョッキで来ます。
定番の大きさは、05リットルまたは1リットル。
(それより小さいサイズは滅多に見ません。)

ミュンヘンでビールといえばへレス。
ぜひ味わって見てください。



Booking.com